活動報告

2009年10月、藤沢歯科ペリオ・インプラントの雨宮啓と雨宮花が、日本歯周病学会の歯周病専門医に認定されました。当院における4名すべての歯科医師が日本歯周病学会歯周病専門医として、より専門性の高い治療を提供すべく、皆さまの診療を担当させていただきます。

また2010年2月8日に、院長の雨宮啓が(社)日本口腔インプラント学会の口腔インプラント専門医の認定を受け、当院の2名の歯科医師が口腔インプラント専門医として、皆さまのインプラント治療を担当させていただきます。

藤沢歯科ペリオ・インプラントは、地域医療におけるインプラント・歯周病治療の専門的医療機関としての役割を担うとともに、皆さまが、ご満足いただける診療を提供できるよう、一丸となって邁進していきたいと思います。

皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

「細胞環境デザイン学」研修会に参加してきました

「細胞環境デザイン学」研修会

2020年2/22(土)~23日(日)、京都で開催された「細胞環境デザイン学」の2日間の研修会に参加してきました。
組織が損傷を受けた後の修復や再生には、私たちの細胞内で起こっているエネルギーやタンパク質の合成など、そのどれもが大切で、健康の維持や病気の治療を進めるためには、 細胞を正しく活動させることが最も重要だということを理論的かつ体験的に学ぶ研修を受講してきました。食事の大切さ・・それは何を食べて、何を食べてはいけないのかはもちろん、日常生活で大切となる「栄養」「運動」「水」「日光や音といった自然」「節制」「空気」「休息」といった免疫力を高める大切な習慣を見つめ直し、この30年間で3倍に増えたホルモンが関与すると言われている乳がん、前立腺がん、大腸がんなど・・癌にならないための栄養療法や癌術後のフォローアップ機関の食事のとり方など、本当に知識を整理することができます。牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品の摂取が多くなると乳がんや前立腺がんの発症割合は1.6倍まで増加し、大腿骨骨折のリスクも高まることが論文データからわかっていますから、特に、ご家族が癌の家系だという方は、なるべくこのような食事を摂取しないように心がけたほうが良いですし、一般的にも知られるようになりましたが、癌や糖尿病を代表とする生活習慣病はもちろん、うつや精神疾患などを避ける意味でも「砂糖」や「トランス脂肪酸」の摂取や「薬の服用」を限りなく無くしたほうが良いことが理解できます。一方で、最近ブームとなっている「糖質制限」に関しては否定的な見解で、特にこの糖質制限とアルコール摂取がかさなると肝障害を引き起こすリスクが高まることから、かえって健康に悪影響だということです。高マグネシウム食とオメガ3系の油の摂取を心がけ、癌遺伝子を持っていたとしても社会的な環境が遺伝子を変えるという「エピジェネティクス」という概念をもって生活のリズムをとっていくことのほうが大切だと思います。

「細胞環境デザイン学」研修会

そんな「細胞環境をデザインする」という考えをベースにしながら、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターでは、虫歯や歯周病の予防歯科医療を、ただ単に、歯科衛生士が口腔内や歯のクリーニングをするという従来型の歯科医療から、オーラルヘルスケアという本質に踏み込んだ新しい歯科医療を提案しております。いくら歯ブラシをしていても、食事のとり方や生活習慣が間違っていれば「虫歯」や「歯周病」は治りませんし、医療の進歩によって、さまざまなことがわかってきました。そんなお口の健康から生活習慣を改めて、癌はもちろん、生活習慣病となるような高血圧症や糖尿病にならないような健康作りを私達歯科医師はもちろん歯科衛生士とともにサポートしていきたいと思います。

デジタルスマイルデザインのDegital Work Flow講演会に参加してきました

2020年2/21(金)、京都府・京都国際会議場で開催されたデジタルスマイルデザインのDegital Work Flow講演会に参加してきました。

デジタルスマイルデザインのDegital Work Flow講演会

ここ数年、歯科医療分野におけるデジタル化は急速に進み、グローバルの視点ではChristian Coachman率いるDigital Smile Design (DSD)はその最先端を歩んでいるチームの一つだと思います。

デジタルスマイルデザインのDegital Work Flow講演会

デジタルスマイルデザインのDegital Work Flow講演会

DSDでは、患者さんの顔をiPadで撮影し、口腔内をデジタルスキャナー(光学印象)で撮影し、顔貌の評価やスマイルの段階からデジタルソフトウェアと連動させて、インプラント治療やアライナー矯正(マウスピース矯正)、審美修復治療との連携のみならず、Minimum Interventionでの歯周外科の必要性を診査診断できるなど・・本当に画期的なデジタルとアナログが融合したデジタルデンティストリーにおけるワークフローになっています。歯科医療分野はもちろん、どの業種業態を問わず今年は5Gの普及と「デジタル変革」の普及が加速していく時代ですから、歯科医療の将来性とリアリティを実感できるとても良い機会になりました。藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターでも、デジタルスキャナーと呼ばれる光学印象に関して、どの機種をどの時期に導入するか検討しております。まだまだアナログ(従来型の歯科地用)の方がすぐれている部分もありますし、デジタル化することによるメリットもでてきましたので、皆さまに新しい治療方法を提案できるように取り組んでいきたいと思います。

日本口腔インプラント学会 第39回関東・講演越支部学術大会に参加してきました

日本口腔インプラント学会 第39回関東・講演越支部学術大会

2020年2/15-16に、新潟コンベンションセンターで開催された日本口腔インプラント学会 第39回関東・講演越支部学術大会に参加してきました。今年のメインテーマは「口腔インプラント治療の今と将来 -インプラントロジストが拓く未来-」と題して、2日間にわたり、専門医教育講演や、特別講演などの多くのプログラムが組まれ、インプラント治療における他科領域との連携やインプラント手術におけるティッシュマネジメントといった講演を拝聴してきました。インプラント治療を長期にわたり安定維持させるには、インプラント周囲の硬組織(歯槽骨)と軟組織(歯肉や粘膜)のボリュームが大切で、必要に応じてこれらを増大させる手術を行うことがあります。藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターでも、インプラントを埋入するに際して顎骨のボリュームが少ない場合には、骨移植手術やGBR手術、上顎洞底挙上術といった骨再生に関わる手術を解剖学的な観点や生物学的な安定性、術後合併症の可能性といった様々な要素を考慮して手術計画を立案します。このような手術を、いつ、どのタイミングで、どのような手術を行うか、再生に使用するマテリアルは何を選択するのか、メンブレンは使用すべきかどうか、自家骨はどのくらい混ぜるべきかなど、経験則のみならず論文ベースで今現在、どの術式が有用なのかについて知識の整理をすることができた。これからも皆様に安全で快適なインプラント治療を提供できるように努めてまいりたいと思います。

日本口腔インプラント学会 第39回関東・講演越支部学術大会

学会に参加すると、いつもお世話になっている大学の先輩や後輩にお目にかかることができ、久しぶりにお話しさせていただく貴重な時間となる。今回の学会でも新たな出会いや講演の依頼、執筆の機会を頂くなど・・本当に嬉しく思います。藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターのことのみならず、歯科麻酔科医のグループCDACの認知向上、そして、ブランドが育っていくために、私なりの貢献をしていきたいと思います。

インプラテックス・ピエゾハンズオンコースで講演してきました

インプラテックス・ピエゾハンズオンコース

2020年1/26に、東京都・インプラテックス本社で開催されたインプラテックス・ピエゾハンズオンコースで講演させていただきました。3年前の2017年から「Mectron Piezosurgeryを使用した実践的サイナスフロアエレベーション」というタイトルで実習・講演会を開催してきましたが、今回で5回目となる実習・講演会です。私がいつもお世話になっている東京歯科大学の先輩と、CDACメンバー(臨床歯科麻酔科医のグループ)の後輩とセッションさせていただきました。ご参加いただく歯科医師は、関東でご開業されている先生が中心ですが、今回は北海道や東北、関西地区、四国地区、九州地区と・・・全国各地からたくさんの先生方にご参加頂き、一日があっと言う間の楽しい実習講演会となりました。日本歯科麻酔学会認定医と専門医のグループCDACのメンバーにもご参加いただき、本当にたくさんの先生方にお越しいただきましたこと、この場を借りて心より感謝申し上げます。

インプラテックス・ピエゾハンズオンコース

当日は、私が行っている上顎臼歯部に対するインプラント治療のコンセプトを、骨高径のバリエーションによって整理し、側方アプローチと歯槽頂アプローチによる上顎洞底挙上術に関する多くの症例と論文ベースで考慮するポイントを2時間にわたり講演させていただき、お昼を挟んで、午後は2時間程度のハンズオン実習を行いました。最後は、私のライフワークでもある歯科麻酔科医との医療連携(CDACの活動)について、全体のまとめをしながら講演させていただきました。2020年10月~2012年1月頃にも、今回と同じ形式でサイナスフロアエレベーションに関する実習・講演会の依頼を受けておりますので、私なりに、開業医の先生方に少しでも「低侵襲」で「確実な骨造成」が達成できる上顎臼歯部におけるインプラントの術式とコンセプトをお伝えさせていただきます。

今年もまだ始まったばかりですが、1月だけでもたくさん素晴らしい出会いや講演依頼など・・・本当に嬉しく思います。6月にはCDACの活動も4年目を迎え、また新たなステージにステップアップしていくと思います。そして、8月には中国・上海の歯科医師会から講演の依頼を頂戴しております。歯科麻酔科医としての海外交流も進んでいきますので、私なりに、歯科麻酔科医の存在を開業医の先生や、その先にいる患者さん、そして、海外に向けて発信していきます。

過去の活動報告