矯正治療

藤沢歯科 > 矯正治療

矯正治療とは・・・

不正咬合や乱れた歯並びを正しい位置へと矯正する治療が「矯正歯科治療」です。治療の際には「ブラケット」と呼ばれる矯正装置を使ったり、「クリアアライナー」、「インビザライン」という透明なマウスピースを使用したりして、歯を少しずつ動かして行きます。歯並びを美しく整えることで見た目が良くなることはもちろんですが、噛み合わせを改善することが最大の目的になります。

噛み合わせは全身の健康に影響を与える重要な要素。食べ物をよく噛めるようになり、消化や吸収を助け、内面から健康のサポートになるとばかりでなく、歯並びが整うことでブラッシングが十分にできるようになり、虫歯や歯周病を予防しやすくなることも大きなメリットだと言えます。

大人に必要な成人矯正

美しさ、それから、健康のために・・

最近では、矯正歯科治療を希望する大人の方がとても増えています。年齢に関係なく、矯正歯科治療を受ければ歯並びはより良くなります。矯正歯科の目的は、美しさを取り戻すだけではありません。悪い歯並びや不正咬合は、虫歯や歯周病、偏頭痛、肩こりなどの健康的な問題を引き起こす可能性がありますし、出っ歯や受け口、乱ぐい歯などの歯の乱れによる精神的コンプレックスは審美的問題といったマイナス要因を引き起こしてしまいます。矯正歯科治療はそういった問題を解消し、また、自信を得た笑顔は表情筋を鍛え、アンチエイジングの効果をもたらしてくれます。美しい歯並びから健康につながれば良いと考えています。

矯正は、見た目と機能を治す

恥ずかしくなく歯を見せて笑いたい、きちんとものを噛みたい、正しい発音を得たい、などの理由から、治療を希望されます。見た目に問題となるのが、上顎前突、反対咬合、叢生、正中離開などで、機能的にも問題となるのが、開咬、過蓋咬合、交叉咬合などの不正咬合が挙げられます。

矯正装置の種類や使用する器材

装置をシンプルにしながら、歯に適切な力がかかって歯を効率的に移動できるようになってきており、素材も、ニッケルチタン合金などの超弾性で形状記憶を持ち歯の移動にやさしいものが出ています。歯が見えた時に目立たない透明な装置やワイヤーを留めるゴムなどがあります。

費用・期間・支障

矯正治療に必要となるのは、初診料、検査診断料、基本矯正料、通院ごとにかかる処置料、矯正後の観察料となります。期間は2年程になります。痛みは個人差がありますが、数日で収まってきます。装置を入れて最初のころは、食事の不自由さや、しゃべりづらいことがありますが、すぐに慣れてきます。仕事、遊び、習い事、スポーツなど、矯正の治療中も行うことができます。

装置

マルチブラケット装置 金属

マルチブラケット装置 金属

矯正をするための装置は、治療目的や装置の動きにより、様々な種類があり、形も異なります。ほとんどの歯にブラケットという器具をつけ、そこにワイヤーを通し、ゴムや結紮線でブラケットに固定して歯を動かしていくことから名付けられている。マルチブラケットは、装置がシンプルで、口の中がすっきりとして、見た目にも優れて、歯磨きもしやすく、治療途中での虫歯にかかる割合も少なくなっています。

セラミック

目立つのはちょっとという人のためにあるのが、セラミックや人工サファイヤなどで作られた透明なブラケット。ただし、金属のブラケットに比べて割れやすいのと、素材が高価なため、金属のブラケットをつかうよりも、5~10万円程度、プラスの費用がかかります。また、セラミックは固いやめ、かみ合わせの関係で歯の先端がこのブラケットにぶつかるとその歯が削れてしまうこともあります。

表から見えない矯正装置
  1. 歯の裏側につける矯正装置
    装置の装着に時間に多少時間がかかる、治療期間が長くかかる場合がある。しゃべりづらくなる、舌や口の中を傷つけやすいわずらわしさもあることが欠点。
  2. マウスピース型矯正装置

    マウスピース型矯正装置


    目立たず、違和感の少ない治療法。インビザラインなど、透明なプラスチック製の装置を上下の歯全体につけます。取り外しができる一方、装着時間を1日20時間など、しっかりと守る必要がある。

矯正治療の流れ

1.初診

初診

まず最初に予約を取って、初診を受けます。初診は、先生と患者さんのファーストコンタクトの場。先生は、患者さんにどこをどう治しいのか、なぜ矯正をしようと思ったのか、などの希望をききます。患者さんは、希望を伝えます。これから矯正を始める上でとっても重要なポイントとなるもの。
時間は30分~1時間ほどで、相談、虫歯や歯槽膿漏のチェック、歯並びのチェックを済ませたあと、先生が、治療にかかるおおよその期間や費用、装置の説明、通院期間など、矯正治療の概略を説明。

2.検査

精密検査

通常は、2、3回に分けて通院し、顔や口の中の写真、レントゲンや歯型を取ることになります。セファロと呼ばれる、顔の形と歯、骨の位置が同時にわかるレントゲンを取ったり、噛み合わせを見たりします。
時間は、1回につき、1時間程度で終わります。

3.診断

治療計画の立案とカウンセリング

検査が終了したら、歯並びやあご、顔の骨との関係を調べ、その診査・検査を元に、どうしてなったのか、また治療法を診断していきます。その間は2~3週間。そこから説明や、なりたい歯並びにするために歯を抜かなくてはならないなど、矯正治療に関わるさまざまな事やリスクがここで説明されます。

4.通院・矯正治療スタート

1回、もしくは数回に分けてブラケットなどの装置をつけ、ワイヤーをつけます。
この段階に入る前に、虫歯や歯槽膿漏、が見つかった場合や矯正のために抜歯が必要な場合は、その処置も行っていくことになります。通院はほぼ月1回のペースで行われます。

5.矯正終了・保定処置

およそ2年少しの年月を経て歯並び、噛み合わせが整いました。矯正治療が終了し、矯正装置を外す日がきました。装置を外した後、歯型を取り、保定処置へ進みます。保定処置は、矯正終了の数日後にリテーナーという装置を入れることからスタート。それは、矯正前の位置に戻ってしまおうとする歯の力を抑制し、いつまでも正しい歯並びを保ち続けるための装置で、痛みはまったくありません。リテーナーを使い続け、年に数回の定期健診を受け、良い状態を維持することは、とても大事です。

最新の矯正治療⇒インプラント矯正治療

インプラント矯正治療とは、通常のワイヤーによる矯正治療に加えて、歯の移動に必要な固定源として矯正歯科用の小さなスクリューを歯槽骨(歯ぐきの部分の骨)に埋めて治療する方法です。使用しているスクリューは直径1.5~1.6mm、長さ6~10㎜の非常に小さなものですのでほとんど目立ちません。また、当院では、日本口腔インプラント学会専門医が矯正用インプラントの手術に対応しておりますので、安心して治療をお受けいただけると思います。

インプラント矯正治療は、従来の矯正治療では不可能であった歯の移動や治療期間の短縮を可能にする最新の矯正治療です。昼間の装着が困難であった付加的装置(ヘッドギア等)が不要となり、歯を抜かないで矯正治療が可能となる方もいらっしゃいます。従来の矯正治療ですと、2年から3年かかっていた治療期間が、1年から1年半程度に短縮できることが最大の特徴です。