活動報告

藤沢歯科 > 活動報告

2009年10月、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターの雨宮啓と雨宮花が、日本歯周病学会の歯周病専門医に認定されました。当院における4名すべての歯科医師が日本歯周病学会歯周病専門医として、より専門性の高い治療を提供すべく、皆さまの診療を担当させていただきます。

また2010年2月8日に、院長の雨宮啓が(社)日本口腔インプラント学会の口腔インプラント専門医の認定を受け、当院の2名の歯科医師が口腔インプラント専門医として、皆さまのインプラント治療を担当させていただきます。

藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターは、地域医療におけるインプラント・歯周病治療の専門的医療機関としての役割を担うとともに、皆さまが、ご満足いただける診療を提供できるよう、一丸となって邁進していきたいと思います。

皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

第83回日本臨床歯周病学会関東支部教育講演会に参加、座長を担当させていただきました

第83回日本臨床歯周病学会関東支部教育講演会

2019年4/14(日)、東京・一橋講堂で開催された第83回日本臨床歯周病学会関東支部教育講演会に参加、座長を担当させていただきました。

今回のメインテーマは「チームで取り組む炎症と力のコントロール」と題して、歯科医師と歯科衛生士による天然歯とインプラントをどのように共存させていくのかといった部分にフォーカスを絞って、関西や中国四国支部で活躍される先生方による特別講演が開催されました。歯周治療のファーストステップは感染のコントロールであり、歯周病の原因となる細菌の量を減らすあるいは、細菌叢を入れ替えるためにプラークコントロールはもちろん、スケーリング・ルートプレーニングを行うことで炎症をコントロールすることが大切と考えられています。一方で、歯ブラシがいくら上手で定期的にメンテナンスをしているにも関わらず、なぜか歯肉からの出血が止まらない・・あるいは、歯が少しずつ動いてくるなど、良好な経過をたどらない歯周病患者がいるのも経験するところです。噛み合わせのずれが生じている不正咬合は、歯周炎を悪化させるリスク因子の一つと考えられていて、1歯のかみ合わせの調整で済むこともありますし、場合によっては広範囲にわたる治療を行わないと、歯周病のコントロールができない患者さんがいるということは、私も経験するところですし、ケースディスカッションを拝聴することができました。歯周治療に対する知識や技術をもちあわせた歯科医師はもちろん、歯科衛生士とのチーム医療の大切さをあらためて考えさせられるセッションでした。

第83回日本臨床歯周病学会関東支部教育講演会

藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターにご勤務頂いてます歯科衛生士の方々は、歯科衛生士学校での学生講義を担当したり、日本歯周病学会でのポスターセッションへ演題を出したりと、知識と技術を兼ね備えた歯科衛生士です。そんな素晴らしい歯科衛生士の方々とのチーム医療ができることを本当に嬉しく思いますし、これからも、皆様に最適な歯周治療が提供できるように、チームとして研鑽を積んでいきたいと考えております。

ジーシーインプラントミーティング2019に参加、講演してきました

ジーシーインプラントミーティング2019

2019年2/3(日)、東京・秋葉原で開催されたジーシーインプラントミィーティング2019に参加、講演してきました。

ちょうど1年前にジーシーから国内初となるインプラント適応として開発された骨補填材「サイトランスグラニュール」が認可され、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターでも取り入れて臨床応用してきました。そんな「サイトランスグラニュール」を応用し、歯周病・インプラント手術を行った歯科治療に関して、「インプラント治療が可能にする天然歯の保存」と題して講演させていただいた。歯周病が重症化した場合は抜歯せざるを得ない場合もありますが、軽度から中等度の進行であれば、現在では歯周組織再生療法が適応できます。また、特定の歯だけに負担がかかってしまうような噛み合わせであれば、インプラント治療を用いることで残っている歯の負担を減らして歯の寿命を延ばすことができる時代となり、天然歯とインプラントをどのように共存させるかが治療計画を立案するうえで大切です。そんな藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターで取り組んできた歯周病・インプラント治療に関する講演を、同世代の歯科医師6名とセッションさせていただいた。東京歯科大学の同級生も一緒の登壇となり、いい意味で、たくさんの刺激を受ける一日となり、私自身もたくさんの勉強をさせていただきました。

ジーシーインプラントミーティング2019

1月20日(日)から始まった3週間連続での講演会は、私の歯科医師人生の中でも初めてのことでしたが、それぞれ講演会・研修会では本当に多くの先生方とお話しする機会を頂き、たくさんの出会いも頂き、私のライフワークである「臨床歯科麻酔科医CDAC」の活動を知っていただく良い機会となりました。いろいろとやりたいことがたくさんありますが、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターでは、歯科麻酔科医としての「静脈内鎮静法」を活用した安全で快適な歯科医療の提供はもちろん、湘南地域における歯周病治療・インプラント治療の専門医としての役割を担っていきたいと思います。

神奈川県歯科医師会アカデミアに参加、講演してきました

神奈川県歯科医師会アカデミア

2019年1/27(日)、神奈川県横浜市にある神奈川県歯科医師会館で開催された神奈川県歯科医師会アカデミアに参加、講演してきました。
教育講演では臨床経験の豊富な歯科医師が「長期症例から学ぶ」と題して講演され、歯周病治療や被せもの(セラッミクスクラウン)の治療を行った結果、15年、20年と経過したときに、どのような治療方法が成績が良かったのか、どのような条件の時に予後がよくなかったのか・・といった治療経過に関する臨床症例を提示され、大変興味深い内容となった。私たち歯科医師は、ある程度の治療結果の予測はできても、実際に経験しているからこその見解があるのも事実で、科学的根拠だけでなく、臨床的な経験値も大切かなと、大変示唆に富んだ内容となりました。

神奈川県歯科医師会アカデミア

午後のパートでは、神奈川県歯科医師会に所属する40~50代の各地域の歯科医師6名で「先進医療フェスタ」が開催され、私は藤沢市歯科医師会からの代表で講演の機会を頂いた。今回は「歯周治療に対するアプローチ」と題して、歯周組織再生療法やインプラント治療がもたらす天然歯の保存について、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターで取り組んできた様々な臨床例を系統だて、お話させていただいた。歯周病が重症化すると、抜歯するのか、天然歯を保存するための努力をするのか、歯周基本治療ならびに組織反応を診ながらの診査診断が大切である。その上で、歯周病治療における3つの治療戦略を検討していきますが、①年齢や免疫学的な背景を考慮するのはもちろん、歯周ポケットからの出血の有無やポケットの数値を参考にして歯周組織の反応を予測し、②天然歯の保存が可能であれば、Er-YAGレーザーと歯周組織再生薬を用いた再生療法を行い、③最終的には咬合の安定を考慮した補綴設計とメインテナンスプログラム。この治療ストラテジーが本当に大切だなと感じております。歯科医療技術の発展と歯周組織再生薬の開発によって、治療計画が随分と変わってきたなと感じております。
藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターでは、歯周病専門医としての知識と技術の研鑽はもちろん、日本歯周病学会が認定する歯科衛生士とともに、歯周治療はもちろん、その先の歯周病予防にかかわる予防歯科の大切さを皆様に伝えていきたいと考えております。

インプラテックス・ピエゾハンズオンコースで講演してきました

インプラテックス・ピエゾハンズオンコース

2019年1/20に、東京都・インプラテックス本社で開催されたインプラテックス・ピエゾハンズオンコースで講演させていただきました。
2017年10月と2018年2月に「Mectron Piezosurgeryを使用した実践的サイナスフロアエレベーション」というタイトルで実習・講演会を半日コースとして2回開催してきましたが、いつも講演時間のみならず実習時間がタイトなスケジュールになってしまうことから、今回から1日での開催としてリニューアルし、私とCDACメンバー(臨床歯科麻酔科医のグループ)の後輩とセッションしてきました。このコースはインプラテックスでも大変人気化しているようで、パンフレットの案内をして翌日には満席になるという好評価の講演会にようで・・自分で言うなとつっこまれそうですが、純粋に嬉しいです。ご参加いただく歯科医師は、関東でご開業されている先生が中心ですが、今年も静岡や長野、北関東地区の先生方も参加され、定員を上回る先生方にご参加いただき、楽しい実習講演会となりました。たくさんの先生方にお越しいただきましたこと、この場を借りて心より感謝申し上げます。

当日は、私が行っている上顎臼歯部に対するインプラント治療のコンセプトを、骨高径のバリエーションによって整理し、側方アプローチと歯槽頂アプローチによる上顎洞底挙上術に関する多くの症例と論文ベースで考慮しなくてはいけないポイントを午前中2時間ノンストップで講演し、CDACメンバーの後輩にバトンタッチして30分の講演。お昼を挟んで、午後は2時間程度のハンズオン実習を行い、最後は、私のライフワークでもある歯科麻酔科医との医療連携(CDACの活動)について、全体のまとめをしながら講演させていただきました。上顎臼歯部に対するインプラント治療は様々な術式の選択や器材が紹介され、バルーンや水圧を利用したものや、特定の器材を使った手術方法がたくさん存在し、どの術式を選択すべきか悩んでしまうのも事実です。どれが一番良いとか、どれが悪いということではなく、解剖学的な形態や、患者さんへの手術侵襲、最終的なインプラント治療設計などを考慮して、手術の選択基準が決まるわけで、患者さんにとって、「低侵襲」で「確実な骨造成」が達成できる「適材適所の手術選択」が本当に大切だと感じております。

来週は神奈川県歯科医師会が主催の「先進医療フェスタ」で登壇させていただいます。そちらでは、「歯周病患者に対する治療アプローチ」と題して、歯周病が進行した天然歯をどのように保存するのかを、レーザーと再生療法薬を用いた歯周組織再生療法を適応するとともに、必要があればインプラント治療による咬合支持を考慮した私なりの治療ストラテジーをお話しさせていただきたいと思います。今年もたくさんの講演の機会を頂戴してますので、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターで取り組んでいる歯周病治療やインプラント治療のコンセプトのうち一つでも歯科医師の皆様はもちろん、その先にいる患者さんにとって少しでもお役に立てることができたら幸いです。

過去の活動報告