活動報告

藤沢歯科 > 活動報告

2009年10月、藤沢歯科ペリオ・インプラントの雨宮啓と雨宮花が、日本歯周病学会の歯周病専門医に認定されました。当院における4名すべての歯科医師が日本歯周病学会歯周病専門医として、より専門性の高い治療を提供すべく、皆さまの診療を担当させていただきます。

また2010年2月8日に、院長の雨宮啓が(社)日本口腔インプラント学会の口腔インプラント専門医の認定を受け、当院の2名の歯科医師が口腔インプラント専門医として、皆さまのインプラント治療を担当させていただきます。

藤沢歯科ペリオ・インプラントは、地域医療におけるインプラント・歯周病治療の専門的医療機関としての役割を担うとともに、皆さまが、ご満足いただける診療を提供できるよう、一丸となって邁進していきたいと思います。

皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

コアフロント主催CGF・AFGハンズオンセミナーで講演させていただきました

コアフロント主催CGF・AFGハンズオンセミナー

2月21日(日)に東京・新宿区で開催されましたコアフロント主催『CGF・AFGハンズオンセミナー』で1時間ほど講演させていただきました。歯科分野における再生医療はインプラント治療と共に発展し、今では歯周治療分野においても注目されるところです。自分の血液を遠心分離して作製するCGFは完全自己血由来フィブリンゲルで、インプラント周囲の歯槽骨を再生するGBR手術やサイナスリフト手術(上顎臼歯部にインプラント治療する際の歯槽骨再生手術)に欠かせない治療方法です。従来型のインプラント外科と比較した時の利点や欠点など、藤沢歯科で私がおこなってきた手術内容について1時間ほど講演して、その後は採血に関する講演とデモを行って受講生同士の採血実習を行いました。そして最後は、いつものように歯科麻酔科医(CDAC)とのチーム医療の大切さや、静脈内鎮静法の有用性について講演させていただきました。そんな私の講演とCDACメンバーとの採血実習が好評だったようで、2021年10月17日(日)に再度、講演の依頼を頂戴しております。また今年も新しいトピックスを皆様にお伝えさせていただきます。

4月から藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターには歯科衛生士2名、受付秘書1名、歯科麻酔科医1名が新しくメンバーとして加わる予定です。歯科麻酔科医による静脈内鎮静法を活用した「安全で快適な歯科医療」の提供や、専門の歯科衛生士によるインプラントや歯周病治療後のメンテナンス・予防歯科への取り組みをさらに強化して、皆様にとって最適なインプラント・歯周病治療を提供していきたいと思います。

矯正歯科実習コースに参加してきました

矯正歯科実習コース

2020年9月~2021年2月まで6ヵ月、大阪で開催されておりました矯正治療の実習コース(ベーシック・アドバンス編)に参加してきました。矯正歯科に関する研修はというと・・私が歯科医師になって8年目くらい時にシークエンシャル咬合をベースとした矯正治療のコースに参加し、その後13年目くらいの時、スタンダートエッジワイズというベーシカルな矯正治療のコースを2年間受講して、藤沢歯科の歯科臨床において、矯正を活用したインプラントや歯周治療を行ってきました。特に歯周病や歯を失ってしまった患者さんの歯並びは大きくズレており、そのまま治療を行ってもかみ合わせがうまくいかず妥協的な治療結果を招いてしまいますが、矯正治療を取り入れることで、ある程度元の位置まで歯並びを改善させ、かみ合わせの回復が行えますので、歯科医師にとってはもちろん、患者さんにとっても、大きなメリットとなります。

歯科業務標準化機構の若手歯科医師対象実習セミナー

今回は審美的な回復と咀嚼機能の回復をどのようなコンセプトで矯正治療、修復治療、インプラント治療、歯周治療をどんな診査診断を行い、どのようなステップで進めていくのか、たくさんの学びを頂きました。気が付けば周りの先生方は30歳前後の先生が中心で、自分がもしかしたら最年長かも・・と、思いながら、若手の先生方と一緒に研修を受けさせていただきました。いつの年になっても学び続ける大切さを忘れずに、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターにとってはもちろん、患者さんに最適なインプラントや歯周治療、矯正治療を提供できるように知識と技術のアップデートを行っていきたいと思います。

歯科業務標準化機構の若手歯科医師対象実習セミナーで講演させていただきました

歯科業務標準化機構の若手歯科医師対象実習セミナー

1月17日(日)に歯科業務標準化機構が実施する若手歯科医師対象実習セミナーで講演させていただきました。この実習講演セミナーは歯科大学を卒業して3~4年目程度の若手の歯科医師を対象に毎月1回のセミナーを12回と、1年間かけて歯科臨床に技術や知識のスキルアップすることを目的としています。私が担当するセッションは「インプラント学・歯科麻酔学」と、私が専門とする領域で、北海道から九州まで全国のサテライト会場となった8会場と中継して、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターを会場に実習講演会が開催されました。午前中は「インプラント治療がもたらす天然歯の保存」について2時間講演させていただき、午後はインプラントや歯周病手術はもちろん歯科治療時の安全確保といった「実践的歯科麻酔学」に関する講義を1時間、その後、勤務いただいている歯科麻酔科医の先生と共に静脈路確保実習と生体モニター装着、下顎孔伝達麻酔(歯科の麻酔方法)の実習です。

歯科業務標準化機構の若手歯科医師対象実習セミナー

そして最後はいつものように臨床歯科麻酔科医のグループ・CDACの活動について全国の先生方にお伝えして、笑いあり、真面目な論文解説ありと・・大盛況の実習・講演会となりました。いつものように自分で言うなと突っ込まれそうですが・・今年も全国の先生方に、私が取り組んでいるインプラントや歯周治療のコンセプトはもちろん、私のライフワークでもある歯科麻酔の大切さを開業医の先生はもちろん、その先にいる患者さんに伝えていきます。2020年11月にCDACの静脈内鎮静法に関する動画を作製したのですが、この動画が1月12日(火)にNews TVに掲載されました。これからも藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターでは、痛みに弱い、歯科治療が苦手という患者さんはもちろん、皆様に痛みやストレスに配慮した静脈内鎮静法を用いて安全で快適な歯科治療が提供していきます。

◇NewsTVサイト
https://news-tv.jp/_ct/16960432

◇Twitter
https://twitter.com/Newstv_jp/status/1348796840397967361

◇Facebook
https://www.facebook.com/newstv.official/posts/3098076933631270

過去の活動報告