活動報告

藤沢歯科 > 活動報告

2009年10月、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターの雨宮啓と雨宮花が、日本歯周病学会の歯周病専門医に認定されました。当院における4名すべての歯科医師が日本歯周病学会歯周病専門医として、より専門性の高い治療を提供すべく、皆さまの診療を担当させていただきます。

また2010年2月8日に、院長の雨宮啓が(社)日本口腔インプラント学会の口腔インプラント専門医の認定を受け、当院の2名の歯科医師が口腔インプラント専門医として、皆さまのインプラント治療を担当させていただきます。

藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターは、地域医療におけるインプラント・歯周病治療の専門的医療機関としての役割を担うとともに、皆さまが、ご満足いただける診療を提供できるよう、一丸となって邁進していきたいと思います。

皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

インプラテックス・ピエゾハンズオンコースで講演してきました

インプラテックス・ピエゾハンズオンコース

2019年1/20に、東京都・インプラテックス本社で開催されたインプラテックス・ピエゾハンズオンコースで講演させていただきました。
2017年10月と2018年2月に「Mectron Piezosurgeryを使用した実践的サイナスフロアエレベーション」というタイトルで実習・講演会を半日コースとして2回開催してきましたが、いつも講演時間のみならず実習時間がタイトなスケジュールになってしまうことから、今回から1日での開催としてリニューアルし、私とCDACメンバー(臨床歯科麻酔科医のグループ)の後輩とセッションしてきました。このコースはインプラテックスでも大変人気化しているようで、パンフレットの案内をして翌日には満席になるという好評価の講演会にようで・・自分で言うなとつっこまれそうですが、純粋に嬉しいです。ご参加いただく歯科医師は、関東でご開業されている先生が中心ですが、今年も静岡や長野、北関東地区の先生方も参加され、定員を上回る先生方にご参加いただき、楽しい実習講演会となりました。たくさんの先生方にお越しいただきましたこと、この場を借りて心より感謝申し上げます。

当日は、私が行っている上顎臼歯部に対するインプラント治療のコンセプトを、骨高径のバリエーションによって整理し、側方アプローチと歯槽頂アプローチによる上顎洞底挙上術に関する多くの症例と論文ベースで考慮しなくてはいけないポイントを午前中2時間ノンストップで講演し、CDACメンバーの後輩にバトンタッチして30分の講演。お昼を挟んで、午後は2時間程度のハンズオン実習を行い、最後は、私のライフワークでもある歯科麻酔科医との医療連携(CDACの活動)について、全体のまとめをしながら講演させていただきました。上顎臼歯部に対するインプラント治療は様々な術式の選択や器材が紹介され、バルーンや水圧を利用したものや、特定の器材を使った手術方法がたくさん存在し、どの術式を選択すべきか悩んでしまうのも事実です。どれが一番良いとか、どれが悪いということではなく、解剖学的な形態や、患者さんへの手術侵襲、最終的なインプラント治療設計などを考慮して、手術の選択基準が決まるわけで、患者さんにとって、「低侵襲」で「確実な骨造成」が達成できる「適材適所の手術選択」が本当に大切だと感じております。

来週は神奈川県歯科医師会が主催の「先進医療フェスタ」で登壇させていただいます。そちらでは、「歯周病患者に対する治療アプローチ」と題して、歯周病が進行した天然歯をどのように保存するのかを、レーザーと再生療法薬を用いた歯周組織再生療法を適応するとともに、必要があればインプラント治療による咬合支持を考慮した私なりの治療ストラテジーをお話しさせていただきたいと思います。今年もたくさんの講演の機会を頂戴してますので、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターで取り組んでいる歯周病治療やインプラント治療のコンセプトのうち一つでも歯科医師の皆様はもちろん、その先にいる患者さんにとって少しでもお役に立てることができたら幸いです。

過去の活動報告