歯周病治療

藤沢歯科における最先端の歯周病治療 | 歯周病とは | 歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

1.初診

初診

一般的なお口の中の診査やデジタルレントゲンによる診査、かみ合わせ、お体の状態を診査します。また、痛みの部位や不快感、そして皆様の治療に対するご希望を伺います。もし、歯ぐきの痛み、腫れなどの急性症状がありましたら、当日にあわせて対応いたします。

2.治療前

治療前

写真の患者様は、全体的に歯が揺れてきて、噛みにくくなってきたということでお見えになりました。

3.精密検査

精密検査

いったん痛みや腫れがひいた後、歯肉の状態を詳しく調べていきます。レントゲン撮影や口腔内写真撮影、歯周ポケット検査を1本ずつ詳しく行います。まずは現状を知り、必要があればCT撮影を行って、顎骨の状態を検査します。

4.治療計画の立案とカウンセリング

治療計画の立案とカウンセリング

精密検査の結果をもとに、皆様のお口の状況やご希望にあわせた綿密な治療計画を提案し、治療方針について相談させていただきます。

5.初期治療

初期治療

初期治療とは、歯周病の原因を取り除き可能な限り清潔なお口の環境をつくる治療になります。歯周病の主な原因は、細菌感染と不適切な噛み合わせです。ですから、歯垢や歯石を取り除き、あわせて咬合治療を行っていきます。細菌のコントロールとかみ合わせのコントロールが、初期治療では大切になってきます。

6.歯周外科治療(二時治療)

歯周外科治療

歯周病の進行が大きい部位や、歯周病の病変が残存している箇所に、必要に応じて歯周外科治療を行います。歯周外科治療は歯肉に対する処置と歯肉と骨に対する処置がありますが、歯周組織の再生が必要であればこの時期に、歯周組織再生療法を適応していきます。
写真の患者様は、前歯の部分に大きな骨欠損があったため、無痛点滴麻酔下に歯周組織再生療法を行っています。

7.修復補綴治療

修復補綴治療

修復補綴治療は、通常の食生活の営みと適切な噛みあわせの機能を改善するために、仮の冠、ブリッジ、或は仮の入れ歯をある一定の期間使用します。それに続いて、最終的な冠、ブリッジ、そして入れ歯などを装着し、治療が終了します。
治療終了時の写真です。歯周病で失ってしまった奥歯、はインプラント治療を行った後にセラミックスの歯で修復し、歯周病に罹患していた歯は、歯周病治療(歯周組織再生療法など)を行い、歯の保存治療に努め、オールセラミックスによる修復治療を行っています。

8.保全療法(メンテナンス)

保全療法(メンテナンス)

全ての歯周治療が終了し、長期的な健康維持のための治療を保全療法といいます。そのためには、3-4ヶ月毎の定期検診に来院して頂きますが、その都度、歯のみがき法をチェックしたり、新たに付着した歯石を取り除きます。同時に、歯周病、むし歯の再発、或は噛みあわせの不調和など何らかの問題の派生について詳しく診査し、必要があれば直ちに解決策を計画し、実践します。保全療法の最大の指標は、充実した楽しい食生活の永続的な営みでしょう。そして豊かな人生を過ごすうえでの基盤になればと願っています。


↑PageTop