歯周病治療

藤沢歯科における最先端の歯周病治療 | 歯周病とは | 歯周病治療の流れ

歯周病とは

成人の5人に4人は歯周病・・・歯周病ってどんな病気?

現代人を悩ませる病気はいろいろありますが、世界で最も患者数が多いと言われるのが「歯周病(歯槽膿漏)」です。歯周病は、プラーク(歯垢)がきっかけでおこる歯周組織(歯ぐき、歯槽骨)の細菌による感染症です。
現在、日本人の30歳以上で実に8割以上の方が歯周病あるいはその予備軍とされ、年齢と共に重篤な症状で悩まれている方が増えています。 以前は加齢に伴う疾病と考えられてきた歯周病ですが、現在は私たちの日常生活に潜む、非常に身近な感染症ということが分かっています。

歯周病が進行するメカニズム

歯周病菌は、むし歯の細菌や人体に無害な細菌と協力してプラーク(歯垢)を形成します。
プラークとは、細菌の塊で1mg中に数億から数十億個もの細菌が潜んでいます。 プラークが除去されずに放置されると、歯ぐきの炎症や出血を伴う"歯肉炎"を発症します。更に症状が悪化すると歯を支えるあごの骨(歯槽骨)にまで影響する"歯周炎"に進み、 次第に歯がグラグラと動揺するようになり、ゆくゆくは抜け落ちてしまいます。

歯周病が進行するメカニズム

歯周病は今も進行しているかもしれない

歯周病は自覚症状があまりないことから、症状の進行に気付かないケースが多く、気づいた時にはすでに症状が進行しているため、 サイレント・ディジーズ『静かに進行する病気』と言われております。
また、歯周病が進行すると口腔内に限らず、 血液を介して各臓器に歯周病菌が運ばれ全身疾患を引き起こすリスクがあることが判ってきています。最近の研究では、 歯周病と糖尿病がお互いを悪化させること、動脈硬化を誘発し心臓疾患や脳梗塞の発生リスクが高まること、 妊娠中の女性には低体重児出産や早産のリスクが高まることが判っています。

歯周病は今も進行しているかもしれない

出典:新潟県歯科医師会HPより

歯周病専門医とは...

歯周病専門医について

「歯周病専門医」は、国民への新たな専門的な歯科医療制度として、特定非営利活動法人日本歯周病学会が、歯周治療を専門的に取り扱うに充分な技量と知識を有する歯科医師を認定する制度です。日本歯周病学会が認定した「歯周病専門医」は、厚生労働省の定める専門医制度で、国民の口腔保健の増進に貢献することを目的とした専門資格にあたります。

歯周病専門医の条件

・日本歯周病学会指導医のもとで通算5年以上の歯周病学に関する研修と臨床経験を有するもの、および、これと同等以上の経験を有すると認められたもの
・通算5年以上の日本歯周病学会の学会員である者
・申請時に教育研修単位を50単位以上習得した者
・歯周病疾患患者10症例を提示し、試験に合格した者
この資格を取得したら生涯にわたって専門医ということではなく、5年ごとに更新する必要があります。つまり、常に歯周病学に関する知識と技術の研鑚を積んでいく必要があります。現在では、全国に700人余りが専門医として活動しています。

歯周病専門医の必要性

日本歯科医師会は80歳で20本の歯を残す事を目標とした「8020運動」を提唱していますが、厚生労働省が定期的に行っている歯科疾患実態調査によると、80歳の一人あたりの平均残存歯数はたった4本です。4本ですと、どうしても入れ歯を使わざるを得ないのが現状であり、その事は多くの高齢者が義歯を使用している事からも明らかかもしれません。なぜ加齢と共に歯は失われるのでしょうか?
歯の喪失の原因として虫歯と歯周病によるものが9割以上を占めています。現在、虫歯の治療に関しては、予防法も治療法も確立され、普及してきました。万が一虫歯になっても歯を抜かなければならないほど放置する人はまれです。つまり、多くの人が歯周病で歯を失っているのが現状なのです。自分自身の歯を長持ちさせるためには、この歯周病の治療と予防は国民的課題だと言えそうです。また、従来、歯周病は「一般歯科」の中に位置付けられていましたが、患者にとっては、本当に治るのだろうか?と言う疑問が大きいと思われます。事実、歯周病の分野は比較的新しい学問であり、治療内容も複雑なのが現状です。
そのため、歯周病に対する的確な診査、診断、治療の行える歯科医師は現在のところ、残念ながら小数に限られています。 そこで、日本歯周病学会は、一定の臨床経験と知識などを試験し、その合格者に対して、「日本歯周病学会専門医」という専門医資格を認定し、国民の口腔保健の増進に貢献する専門歯科医師を養成しています。皆様のお口の健康を長期にわたって維持するためにも、予防プログラムから最先端の歯周病治療まで行える歯周病専門医を、ぜひご活用下さい。

↑PageTop