精密根管治療

藤沢歯科 > 精密根管治療

マイクロスコープを用いた精密根管治療

マイクロスコープ

根の治療は、歯の内部の空間(一般的には神経とよばれる部分)に細菌感染を起こした際に必要となる治療方法です。たとえば虫歯などで歯に穴が空く、あるいは,歯の欠けた部分からから神経に向かって細菌が入り込んだ場合や、以前に治療した歯の内部で再び虫歯の感染を起こした際に、根の治療が必要です。根の治療(根管治療)は、歯の根の中の感染を取り除き、再び感染を起こしにくくする治療方法です。歯の中にある、神経や神経のある空間に細菌が入り込むと、中で感染を起こし、その結果、痛みや歯肉の腫れが出てきます。また根の先に病巣を作ってしまうなど、歯の周りの組織へ炎症を起こしてしまいます。歯の中の神経のある空間はとても狭く、虫歯や、以前に治療してかぶせてある歯が古くなってしまった場合など、中に細菌が入り込んだ場合は、感染が広がりやすいと考えられます。
歯の中の神経は複雑に分岐していて肉眼で感染を取り除くことがとても困難です。そこで藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターでは,マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた,拡大下(2.5~10倍)で根の治療を行い,神経のある空間を把握しながら、適確に治療を進めていきます.マイクロスコープを使うことで,痛みの原因や歯根破折の確認など,歯の将来予測を考慮した治療方法が提案できると思います。

自分の歯を残せる可能性があります

歯の痛み

虫歯で、歯に穴が空いたところから、神経の入り口とつながっている場合、食事中に痛みが出たり、睡眠時に強い痛みを感じたりするなどの症状が出ます。 その場合、適切な歯の神経の処置をすることで、痛みを取り除き、病状の進行を防ぐことができます。

歯肉の腫れ

「歯肉が腫れて違和感がある」などの症状の背景に、歯の根の中(根管)の感染を起こしていることが考えられます。それが原因で、根の先の歯周組織に炎症が起きていることがあります。診査をし、それが特定できれば、根の中の治療(根管治療)を行うことで、病状は改善していきます。ただし、歯根が破折をしている場合や、虫歯でほとんど歯がなく、もろくなってしまった場合などでは、歯を残すことが難しいこともあります。

当院で行う精密根管治療

特徴1. CTによる診査

三次元的に病状を把握しながら、治療を行うことで、精度が高まります。
通常のデンタルエックス線ではみることができない、側枝などの複雑な形態が疑われる場合の確認や、歯根または顎顔面領域の解剖学的形態を立体的に確認することができます。

特徴2.マイクロスコープの使用

2.5~10倍の拡大率で根管内を観察しながら治療を進めていきます。 それにより、上顎大臼歯のMB2根の探索の割合が高まるとされています。 また、穿孔部位、歯根破折、金属製ファイルの折り込みの発見などが可能となります。病状の予測を行うことで、適確な治療に近づけることができます。

特徴3.滅菌器具の使用

根管内への細菌の感染を無菌的レベルに近づけるため、根管治療においてラバーダムシートの装着をいたします。滅菌した手用ファイル、NiTiエンジンファイルの使用、ディスポーザブルのペーパーポイントの使用をいたします。また、水酸化カルシウム製剤など、生体に負担の少ない薬液を使用し、根管拡大と薬液による洗浄を繰り返した後、垂直加圧充填による根管充填を行います。

特徴4.学会への所属

歯内療法学会に所属し、根の治療について学びを得ながら、治療にあたる努力をしております。また、歯周病専門医により、歯周組織の炎症を認めた場合、歯周治療による対応が可能となります。歯内療法(根管治療)は、根の中の治療により、歯根の保存をし土台の築盛を行いますが、その上に、適合の良いクラウンによる修復が噛み合わせを作るにあたり必要となります。

根管治療の流れ

診査

状態をお聞きし、お口の中とレントゲン写真による診査を行います。

説明

現状況を説明し、必要であれば、どのような治療が必要なのか、予測についてお話を致します。

治療‐マイクロスコープの使用

マイクロスコープにより、歯の中の状態を確認します。根管の入り口や、歯の中をじっくり観察します。ひび(クラック)が入っていないか、中で穴が空いていないか等確認します。

治療‐ラバーダムの使用

治療‐ラバーダムの使用

根の治療をする際に、唾液が中に入り込まないようにするためや、使用する薬液が流出しないためなど、必要になります。

マイクロスコープによる治療を3~4回程
(症状により異なる)行う

根管充填-垂直加圧法により、
根管内の充填剤による密閉を行う

根管充填-垂直加圧法により、根管内の充填剤による密閉を行う

根管治療終了後の治療-歯冠修復

定期的なメインテナンス