藤沢歯科のお知らせ

2009年10月、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターの雨宮啓と雨宮花が、日本歯周病学会の歯周病専門医に認定されました。当院における4名すべての歯科医師が日本歯周病学会歯周病専門医として、より専門性の高い治療を提供すべく、皆さまの診療を担当させていただきます。

また2010年2月8日に、院長の雨宮啓が(社)日本口腔インプラント学会の口腔インプラント専門医の認定を受け、当院の2名の歯科医師が口腔インプラント専門医として、皆さまのインプラント治療を担当させていただきます。

藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターは、地域医療におけるインプラント・歯周病治療の専門的医療機関としての役割を担うとともに、皆さまが、ご満足いただける診療を提供できるよう、一丸となって邁進していきたいと思います。

皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

ORE 2017講演会に参加、講演してきました

ORE 2017講演会2017年4/14-15に、アメリカ・ハワイで開催されたORE(Ocean Pacific Restorative of Esthetic Dentistry) 2017講演会に参加、講演してきました。

今年のOREのメインテーマは「先を見据えた治療戦略」で、土屋大会長のもと、日本を代表する著名な先生方、240名前後の歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士がハワイに集まり、二日間の非常にエキサイティングな大会が開催された。

6名の基調講演と20名のセッションごとの講演が組まれており、私は20分間のプレゼンテーションさせていただく機会を頂戴した。セッションは「インプラント治療」、「歯科衛生士部門」、「歯周病・歯内療法」、「CAD-CAMデジタル歯科部門」、「包括治療・審美修復治療」の5つにカテゴライズされており、私は「インプラント治療」セッションで登壇、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターで取り組んできたジルコニアがもたらすインプラント補綴におけるイノベーションについて講演させていただいた。「ジルコニア」は現在の歯科医療を行う上では、切っても切り離せない審美修復マテリアルであり、インプラント上部構造に使用できるようになったのが、2008年。歯科医療現場で臨床応用できるようになってから、わずか8~9年ではあるが、審美的でありながら、適切な強度を持ち合わせ、何より、生体親和性に優れたとても素晴らしいい歯科材料です。なかでもプラーク(虫歯や歯周病の原因菌)の付着が少ないことは、他のマテリアルでは達成することのできないメリットで、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターにおけるインプラント修復治療はジルコニアを選択し、私たち歯科医師はもちろん、患者さんにとっても、また、予防歯科(メインテナンス)を担当する歯科衛生士にとっても、メリットの高い材料であることから、皆様にとって、この最適な歯科医療を提供してまいりたいと思います。


ORE 2017講演会今回の講演で、我々の取り組みについて会場の皆さんとディスカッションさせていただいたことは、全国にこんな素晴らしい歯科医師がいるんだ。とか、仲間がいることに心から感謝するとともに、また私なりの課題も明確になりました。また、ハワイの地で、あたらめて、私の診療を支えていただいている藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターのチーム医療に取り組む、優秀な歯科衛生士と優秀な歯科技工士、そして素敵な受付秘書に感謝の気持ちで一杯となりました。これからも藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターが湘南地域における専門的医療機関でありつづけるよう、私はもちろん、歯科衛生士、受付秘書とともに、皆様にとって、最善の歯科医療を提供してまいりたいと思います。

バックナンバー

↑PageTop