藤沢歯科のお知らせ

2009年10月、藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターの雨宮啓と雨宮花が、日本歯周病学会の歯周病専門医に認定されました。当院における4名すべての歯科医師が日本歯周病学会歯周病専門医として、より専門性の高い治療を提供すべく、皆さまの診療を担当させていただきます。

また2010年2月8日に、院長の雨宮啓が(社)日本口腔インプラント学会の口腔インプラント専門医の認定を受け、当院の2名の歯科医師が口腔インプラント専門医として、皆さまのインプラント治療を担当させていただきます。

藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターは、地域医療におけるインプラント・歯周病治療の専門的医療機関としての役割を担うとともに、皆さまが、ご満足いただける診療を提供できるよう、一丸となって邁進していきたいと思います。

皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

第23回日本歯科医学会総会に参加、シンポジストを務めさせていただきました

第23回日本歯科医学会総会2016年10/21-23に、福岡県福岡国際会議場で開催された第23回日本歯科医学会総会に参加してきました。日本歯科医学会総会は、オリンピックと同じ4年に1度開催される歯科の祭典で、日本歯科医師会および日本歯科医学会という日本歯科界における最高機関が主管する学術大会である。

今回は、九州地区連合歯科医師会の共催ならびに、文科省と厚労省や日本学術会議、福岡県、福岡市が後援として名を連ね、「歯科医療 未来の夢」をメインテーマに各分野の最新情報や重要課題についての講演やシンポジウムが企画、歯科医療関係者1万人が参加する日本歯科界最大の学術講演会となった。 開会講演には2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞された京都iPS細胞研究所所長の山中伸弥先生と、2回の宇宙飛行をされた向井千秋先生が登壇され、再生医学と宇宙医学に関する講演となり、大盛況のオープニングであった。ご存知のとおり4つの因子によって細胞を初期化したiPS細胞は、がんとは違い正常な遺伝子のまま増殖し、分化能があり、再生医療と薬の開発の2方向で臨床応用が進められている。2014年にiPS細胞から作った網膜の色素上皮細胞シートを移植するという世界初の加齢黄斑変性に対する臨床研究が開始され、2年経過した現在も良好な経過をたどっているが、再生医療の新法の影響と安全性の確保のためのゲノム解析で1人5千万円ほどの医療費がかかってしまうことから、2例目、3例目とは進まない現状であるという話である。その上で、あらかじめ安全性の確保されたiPS細胞を他家移植する臨床研究が進んでおり、拒絶反応のでないHLAホモドナーを探しているそうだ。このホモドナーが150人程度見つかれば、日本人80%程度をカバーできることから、パーキンソン病や心不全、脊椎損傷、輸血、がん、関節疾患など、あらゆる疾患への応用に期待ができるということだ。まさに、再生医療の最前線の講演である。一方で、歯科領域における再生医療の最前線は、歯周組織再生療法に対する塩基性線維芽細胞増殖因子(FGF-2)を用いたサイトカイン療法である。25年前に研究がスタートしてたFGF-2による再生医療が、安全性や薬の有効性に関する臨床治験を経て2017年から臨床応用できるようです。
藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターでは、歯周組織再生療法に関するサイトカイン療法に取り組み、歯周病予防はもちろん、歯周病が発症してしまった部位に関する再生医療を皆様に提供してまいりたいと思います。


第23回日本歯科医学会総会さて話が少し変わりますが、今回の日本歯科医学会総会では、日本口腔インプラント学会が担当するセッションで、シンポジストを務めさせていただきました。約1年前に講演のお話を頂いて、大変光栄なことですので、お引き受けして準備を進めてまいりました。全国から4名が選抜されるのですが、周りを見渡すと大変著名な演者の先生方ばかりですから、高校の部活の選手が突然、サッカー・ワールドカップの日本代表に選抜されたような心境です。シンポジスト当日は緊張感もあり、明け方の3:50に目が覚めてそこから眠れなくなりましたが、9:00から始まった3時間のセッション内では、私がお伝えしたかった「インプラント治療における低侵襲な歯槽骨の再生医療」に関して講演させていただきました。終われば、本当に良い機会に恵まれたという実感であり、シンポジストにご推挙頂いた先生、私が一方的にメンターだと思っている先輩の先生方、また、私の診療をいつも一緒に支えていただいている藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターの歯科衛生士の方はもちろん、スタッフの皆様、そして、勉強会で切磋琢磨する先生などなど、皆様にご助言いただき、感謝の一言では足りませんが、皆様に心から感謝の気持ちで一杯です。
これからも藤沢市から、そして湘南地域から、微力ながら私たちが取り組んでいる歯周病治療やインプラント治療に関する有益な情報発信に務めてまいりたいと思います。また、地域医療への貢献では、歯周病・インプラント専門医という立場から、皆様にとって最善と思われる歯周病治療・インプラント治療を通じた、口腔内の細菌感染低減と咀嚼機能の回復に邁進し、「笑顔で、美味しく食事ができる」という歯科発の健康プロモーションに藤沢歯科ペリオ・インプラントセンターとして努めてまいりたいと思います。

第23回日本歯科医学会総会第23回日本歯科医学会総会

バックナンバー

↑PageTop