藤沢歯科

インプラント治療<TOP> | インプラント治療の流れ | インプラント治療Q&A | インプラント治療症例

インプラント治療の流れ

1.検査・検診

検査・検診

一般的なお口の中の診査(虫歯や歯周病)やデジタルレントゲンによる診査、かみ合わせ、お体の状態を診査します。

2.治療前

治療前

写真の患者様は、歯茎しか見えない部分に、1本のインプラント治療を予定しました。
金属が見える左側の歯は、ご自身の歯の根が残っていますので、オールセラミックスの被せ物で修復し、歯の無い右側の部分はインプラント治療を行います。

3.CTによる精密検査

CTによる精密検査

インプラント治療に必要な検査を綿密に行います。歯科用CTを用いてインプラントを植立する部位の骨の量が十分にあるか、骨の質は適切かを検査します。
その他、モニターを用いて全身的な疾患がないかを調べ、かみ合わせや周囲の歯の状態はどうかなど、必要な検査を行います。

4.インフォームドコンセント

インフォームドコンセント

Step1~3の診断に基づき、それぞれの患者様にあった治療計画をたてます。
皆様のご希望と我々専門的な見解を踏まえて、治療の概要から最終的な上部構造が入るまで、また、定期検診にいたる経過や治療期間、治療費用に関してご説明します。

5.インプラント埋入手術

インプラント埋入手術

実際の手術は、粘膜を少し開き、インプラントを植立するための穴を開けます。そしてインプラント体をその穴に植立して粘膜を縫合します。
この間の処置は静脈内鎮静(麻酔)下で行われますので、手術中の痛みや不安感はありません。
手術には1回法と2回法があり、当院では基本的に1回法での手術を行っておりますが、患者様の骨の状態によって2回法を選択させて頂く事があります。
2回法とは、複雑な処置を併用した場合の手術で、3ヶ月程度経過したところでインプラントの一部を歯肉の上に出す手術を行います。

6.治癒期間

治癒期間

手術後は、インプラントが骨としっかり安定するまで、3ヶ月程度の治癒期間をおきます。
手術時の状況によりますが、早い方であれば1.5ヶ月程度、長い方で4ヶ月程度の期間となります。
この間は、仮の歯を使用していただきますので、歯がなくなる心配はありません。

7.最終的な歯の取り付け

治療後

インプラント部の型取りを行います。その後、それぞれのインプラントに合わせた精密なオールセラミックスの歯を作成します。
右側のインプラント部分は、セラミックスの土台をつけて、その上にセラミックスの歯を被せています。左側は、天然の歯のオールセラミックスによる被せものの治療で修復を行っています。

8.メンテナンス

メンテナンス

上部構造を装着するとインプラント治療は終了になります。治療後は,装着したインプラントを長期にわたって機能させるために、また、他の歯を悪くしないためにも定期的な検診とホームケアを心がけていただきたいと思います。

ここでは部分的に失われた歯をインプラントによって治療する1例を示しましたが、 広い範囲にわたって歯が失われた部位に複数のインプラントを植立する治療方法や、総入れ歯の方でも1日で固定式の歯を装着して噛めるようになる治療方法がありますので、何でもお気軽にご相談ください。


↑PageTop